2011年11月04日

東京デザイナーズウィーク始まりました。

11月に入りましたー。

MUSUBUブース、本日出展3日目を迎えました。
本日は祝日ということもあり開場と同時に会場内は大盛況。
気が付いた時には今日の出展を終了していました。

今回のMUUBUブースは、“いわきいいものセレクトショップ的な感じになっており、
いわきの皆さん、そして応援してくれる皆様のご協力を経て出来たショップになっています。

改めて展示&販売物をご紹介。

<<販売>>
●MUSUBUオリジナル!“買うという指示”というメッセージを込めたフェアトレードTシャツ
BUY-cott FUKUSHIMA T-SHIRTS。オーガニックコットンを使用しており、
着心地抜群!

●MUSUBUメンバー末永早夏が代表を務める株式会社ethicafeフェアトレード珈琲!
今回は南米「ガテマラ」産をご用意しております。とっても飲みやすい!

●いわき市小名浜出身・小松令奈さんが主体となり活動しているプロジェクト「BUTTON-no-WA」による、
古着を再利用したオリジナルシュシュ。全て1点ものです。普段は都内の美容室等で販売しているものを、
今回置いて頂いております。デザイナーズウィークでも大好評!

<<展示>>
●いわき市湯本にある材木店「正木屋材木店さんご協力の元お借り頂いたいわきの職人さん制作の椅子の数々。
この椅子たちは、「佐藤工務店」「宮川工務店」さんの職人が制作した椅子です。
木の温もり溢れる素晴らしい椅子たち。

●いわき市小名浜出身で名古屋在住の比佐雄爾さん(ディレクター)が近日配信を目標に制作している
デジタルマガジン「Re:v 1.0」の試作版を東京デザイナーズウィークにて初お披露目。
「Re:v 1.0」は、「故郷の活性化」をテーマに人/文化自然などの視点からその地域が持っている
独自の魅力を引き出し伝えていくデジタルマガジン。第一弾は比佐さんの故郷である福島県いわき市。

ブースを訪れてくださる皆様は、学生さんから外国人の方まで様々。
いわき・福島出身の方多数訪れてくださり、声をかけて頂けるのはとても嬉しいです。
また、隣近所のブース出展者の皆さんとの交流も日々増えてきて、
楽しい時間を過ごすことができており、これも出会いだな~と実感しています。

東京デザイナーズウィーク2011は、今週11/6(日)18:00まで明治神宮外苑絵画館前にて開催。
MUSUBUブースは環境デザインTENT D-25。ドコモブース裏手となっております。
メンバー一同お待ちしております。
ぜひ気軽にお立ち寄り頂ければと思います♪
posted by musubist at 00:36 | TrackBack(0) | INFO