2012年03月13日

「つくることが生きること」展 3331 Arts Chiyoda で開催中

震災から1年となる2012年3月、
「どこで・だれが・何を想い・どのような活動を行っているのか」をあらためてみつめ、
復興に向けて創造力を持って表現・活動する人たちの想いと活動内容を共有しようという展覧会、
「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展が、
3331 Arts Chiyodaで開催されています。

つくることが生きること.jpg

岩手・宮城・福島の3県の復興リーダーが語る映像展示に
私たちMUSUBUの映像も展示して頂いています。

映像展示の他にも、アーティスト・建築家・起業などによる復興支援活動の展示や、
震災関連のトークショッション、シンポジウムなども多数行われるようです。

お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展
会期:2012年3月11日(日)〜25日(日)会期中無休
開場:12:00〜19:00
入場無料
会場:3331 Arts Chiyoda 1Fメインギャラリー
主催:わわプロジェクト
posted by musubist at 00:00 | TrackBack(0) | INFO

2012年03月11日

2012.03.11

やっと新しい1年がはじまったような、そんな1日でした。
東日本大震災から1年が経ちました。

去年の今日、私は東京にいました。
東京で震災に会い、何事かとTVを付けた瞬間目に飛び込んできた
津波の映像が地元のものだと分かった時、正直「終わった」と思いました。
絶望を感じながらも、それと同時に「何かしなきゃ」という衝動にかられ、
地元であるいわきに戻り、すでに支援活動をしていた仲間と出会い、
MUSUBUを立上げ、あれよあれよとうまに今に至ります。

本当にたくさんの方に出会いました。
たくさんの方に支えられ、
あの頃には想像できなかった「今」を迎えることが出来ました。
ご支援・ご協力頂いた皆様、本当に有難うございました。


昨日、久しぶりに市内を見てきました。
ガレキが撤去され家の基礎だけが残り更地が広がる津波被災地、
芝が剥がされ変わり果てた姿になってしまったJヴィレッジ、
ひとけのない馴染みの町、
言葉に出来ない思いでいっぱいになりました。

まだ1年。
これからです。

引き続き、たくさんの思いを結んでいきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

今日は夕陽が綺麗でした!

代表 宮本英実

DSC03009.JPGDSC02997.JPG DSC03000.JPGDSC03017.JPGDSC03044.JPGDSC03051.JPG
posted by musubist at 22:52 | TrackBack(0) | INFO

2012年03月10日

【参加者募集】ウニの貝焼き作り体験!

フラオンパクMUSUBU企画
【絶品!いわき高級名産品『ウニの貝焼き』作り体験 3/17(土)開催】

地域の宝を発見する地域密着体験型プログラムのフラオンパク
MUSUBUはいわきの名産『ウニの貝焼き』作りワークショップを企画!
ホッキ貝の殻に生うにを盛りつけ蒸焼きにする地元の人でも生唾を飲むほどの絶品。
その道17年の職人、松崎夫妻が特別にその技を教えて下さることになりました!
ウニの殻を割るところから始める、普段は体験することのできないプログラム。
ぜひこの機会にご参加下さい!
【プログラムメイン写真】貝焼き体験メイン.jpg【プログラムサブ写真】MUSUBU貝焼き体験.JPG

■日時:2012年03月17日(土)14:00-16:30 ※13:50集合
■定員:10名
■参加費:\4,500(材料費込)
■会場:東部ガス平事業所(イオンいわき店近く) ⇒MAP
   〒970-8026 福島県いわき市平字新田前1番地1
■備考:使用するウニは他県産の物を使用する予定です。
■持参:エプロン

《申込み方法》
いわきフラオンパク事務局にて電話・FAX・メールで受付中!
@電話 0246-43-7923(受付時間11:00~15:00)           
AFAX 0246-43-7923
Bmail onpaku@gmail.com

<<お問い合わせ>>
いわきフラオンパク事務局
0246-43-7923(受付時間11:00~15:00)/onpaku@gmail.com
posted by musubist at 21:18 | TrackBack(0) | イベント