2013年09月24日

京都音博、出店無事終了しました!

9月22日(日)京都・梅小路公園で開催された、ロックバンドくるり主催の
音楽フェス「京都音楽博覧会2013 IN 梅小路公園」でのブース出店、無事終了致しました!
MUSUBU×くるり コラボ「iwakiトートバッグ」&「メヒカリステッカー」好評でした!

京都音楽博覧会2013__1.JPG京都音楽博覧会2013__2.JPG
入場口には、今年もいわき市小名浜のつるや染物店さんの暖簾がお客さんをお出迎え。

炎天下の中、開場直後から多くの方がブースを訪れてくださいました。
「去年も来ました!」「福島から来ました!」と、
声をかけてくださる方もいらっしゃって嬉しかったです。

kyotoonpaku2013_6.JPGkyotoonpaku2013_8.JPG

昨年に引き続き今年も南相馬のモリタミュージック・森田さん、
石巻・かめ七の皆さんと一緒にブースを並べたのですが、
皆さん本当にいい方たちで、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
来年の音博での再会がまた楽しみになりました。

京都音楽博覧会2013__4.JPG京都音楽博覧会2013__3.JPG
写真左:お世話になった南相馬モリタミュージック・森田さんはばっちりカメラ目線。
kyotoonpaku2013_7.JPG
右:石巻・かめ七さんとパチリ。


ブース仕事にに追われ、肝心のライブはなかなか見れませんでしたが、
大トリのくるりはゆっくり見ることができました。
夕暮れの京都で、優しさに溢れたくるりの音楽を聴けて幸せでした。
「ばらの花」「奇跡」「remenber me」沁みました、、、

くるりの皆さん&スタッフの皆さん、出店者の皆さん、
そして会場に訪れた皆さん、本当にお疲れさまでした!

来年もまた音博に来れますように!!

会場で販売したMUSUBU×くるりコラボ「iwakiトートバッグ」「メヒカリ"ドンっ!"ステッカー」は近々、
MUSUBU Online Shopで販売する予定です。

※グッズ詳細はこちら

▼ 京都音楽博覧会 2013 IN 梅小路公園 ▼
2013年09月22日(日)京都・梅小路公園 芝生広場
くるり / 細野晴臣 / 奥田民生 / RIP SLYME / サンフジンズ / マイア・ヒラサワ / VILLAGERS
http://www.kyotoonpaku.net/

posted by musubist at 18:37 | TrackBack(0) | イベント

2013年09月19日

【出店】9.22(日)くるり主催の音楽フェス「京都音楽博覧会」にMUSUBUブース出店!

 【 くるり主催の音楽フェス「京都音楽博覧会2013 IN 梅小路公園」ブース出店!】

9月22日(日)京都で開催される、
ロックバンドくるり主催の音楽フェスティバル「京都音楽博覧会2013 IN 梅小路公園」に、
今年も物販ブース出店することになりました!
3回目の出店となる今年もくるりの皆さんとコラボグッズを制作させて頂きました。
今年は、とってもかわいいこの2つのグッズを販売致します。

「MUSUBU×くるり iwaki トートバッグ」(\800)
くるり直筆イラスト入り!いわき市の名所&名物を盛り込んだトートバッグが登場!
あっ、これもいわきだった!なんて発見がいっぱいの可愛らいいトートバッグです。
お出かけのお供に、そっとiwaki。

MUSUBUQURULI_totebag.JPG
色:ターコイズブルー(写真左) / オレンジ(写真右) ※柄は同じです
サイズ:370x345mm
材質:コットン100%
イラスト:ジンジャーエール(岸田繁) / メヒカリ(佐藤征史) / 塩屋崎灯台(ファンファン)
     その他イラスト super-kiki(イラストレーター)http://super-kiki.com/

「MUSUBU×くるり メヒカリ”ドンっ!”ステッカー」(\300)

くるり・岸田繁さん(Vo.)直筆、いわき市の”市の魚”に認定されている
目が光る深海魚”メヒカリ”をドンっとデザインした円形ステッカー。
お気に入りの場所にペタり。

MUSUBUQURULI_sticker.JPG

色:ターコイズブルー(写真左) / オレンジ (写真右) ※柄は同じです
サイズ:円形 80mm×80mm

☆goods design : Rika Nishiyama

上記グッズの他に、「桜の森 夜の森」ポストカード、
10月にいわき市小名浜で開催される「小名浜本町通り芸術祭」缶バッジも販売。

さらに、石巻工房の「かめタオル」、南相馬のえんどう豆の「缶バッチ」も。
物販ブース26 MUSUBUブースにて、皆さんをお待ちしております。
ぜひお立ち寄りください♪

▼ 京都音楽博覧会 2013 IN 梅小路公園 ▼
2013年09月22日(日)京都・梅小路公園 芝生広場
<出演者>くるり / 細野晴臣 / 奥田民生 / RIP SLYME / サンフジンズ / マイア・ヒラサワ / VILLAGERS
http://www.kyotoonpaku.net/

※会場内エリアマップはこちら
MUSUBUブースはステージエリアよりの物販ゾーンです。
posted by musubist at 18:38 | TrackBack(0) | イベント

2013年09月09日

【レポート】自由大学「東北復興学」いわきツアー2daysの全貌一挙公開!!

知的生命力がよみがえるユニークな講義を展開する学びの場「自由大学」
の講座のひとつ東北復興学」の皆様総勢10名が、
「真夏のいわき~東北を深める週末旅」と題し、
8月24日(土)25日(日)の2日間、いわきにお越しくださいました!

今回、MUSUBUがツアーコーディネート&ガイドを担当させて頂きました。

この旅が決行されることになったのは、今年の3月、
「東北復興学」4期にゲストとしてMUSUBU宮本を呼んで頂いたことがきっかけでした。
「ぜひ、いわきへお越しください!」
「本当に行きたいです!」

というやりとりから、あれよあれよという間に話が進み、実現の運びとなりました。

限られた時間の中で"いわき"を存分に体感して頂くために、
ローカルのみぞ知る&羨むお薦めスポットを存分に盛り込んだ、
スタディツアーと観光を色々織り交ぜたコースを作らせて頂きました。

▼1日目:8月24日(土)
いわき駅~夜明け市場・コワーキングスペース(平)見学~<昼食>なごみハウス(三和)
~[おやつ]ゼリーのイエ~[体験]いわき回廊美術館(草野)~ <夕食>メヒコ・フラミンゴ館(鹿島)
【宿泊】湯本温泉・古滝屋

IWAKITOUR2013_yoake.JPGIWAKITOUR2013_nagomi.JPG
(左:夜明け市場コワーキングスペースで鶴巻さんのお話を聞いてるの図 /右:なごみハウスでお蕎麦!)

IWAKITOUR2013_kairou1.JPGIWAKITOUR2013_kairou2.JPGIWAKITOUR2013_kairou3.JPGIWAKITOUR2013_kairou4.JPG
(いわき回廊美術館でボランティア。荒れた敷地を整地する作業、、、驚くほど重労働!)

IWAKITOUR2013_mehiko1.JPGIWAKITOUR2013_mehiko2.JPG
(いわきといえばメヒコ!名物カニピラフを、フラミンゴを眺めながら、、、)

IWAKITOUR2013_furutakiya.JPG
(夜は古滝谷屋旅館にてみんなでトーク。若旦那・里見さんのお話を聞いてる図)

▼2日目:8月25日(日) 
<朝食> 海鮮レストラン・さすいち(小名浜)~[観光]いわき・ら・ら・ミュウ~(小名浜)
~[観光]アクアマリンふくしま~ <昼食> 味世屋食堂(小名浜)~ [おやつ]リスポ(小名浜)
~[観光] 三崎公園・潮見台a(小名浜)~[見学]中之作プロジェクト(中之作)
~[見学] 薄磯・豊間地区 ~ [見学]浜風商店街(久之浜)~双葉郡広野町J-VILLAGE-楢葉町役場

IWAKITOUR2013_sasuichi1.JPGIWAKITOUR2013_sasuichi2.JPG
(左:Kamidanaプレゼンする正木屋材木・大平さん/右:さすいちさん前でハイチーズ)

IWAKITOUR2013_aquamarine.JPGIWAKITOUR2013_shiomidai.JPG
(左:アクアマリンふくしまへいざ! / 右:三崎公園・潮見台で海を見る)

IWAKITOUR2013_nakanosaku.JPGIWAKITOUR2013_nakanosaku2.JPG
(中之作プロジェクト代表の豊田さんからお話を聞いています。写真展開催中でした)

IWAKITOUR2013_usuiso.JPG
(薄磯海岸で、思い思いに海と向き合う)

今回の旅は、地元の皆さんの協力がなければ実現しないものでした。
ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました!!

鶴巻綾子さん(夜明け市場)
志賀忠重さん(いわき万本桜プロジェクト代表)
里見喜生さん(古滝屋旅館 若旦那/NPOふよう土2100代表)
島村守彦さん(いわきおてんとSUN企業組合 コミュニティ電力担当)
小松理虔さん(「tetote onahama」編集長/オルタナティブスペース「UDOK.」主宰)
丹洋介さん(オルタナティブスペース「UDOK.」主宰/からみほぐし研究所)
大平祐子さん(正木屋材木店/いわき木工職人集団moconoco)
小野よしこさん (小名浜の海鮮レストラン「さすいち」女将)
豊田善幸&千晴さん (中之作プロジェクト)

みんなにいわきを満喫してもらいたい!と一身でで、
コースを組2日間ガイドさせて頂いたわけですが、
恥ずかしながら、私が誰よりも楽しんでしまったように思います。
参加者のみんなから出てくる言葉、表情。
思いもよらぬ場所で喜んでもらえたりすることもたくさなって、
とても新鮮な気持ちで地元・いわきと向き合うことが出来たように思います。
いわきを訪れてくれたみんな、そして今回この旅のお話をくださった、
自由大学「東北復興学」教授の大内征さん、キュレーターの水澤充さん
本当に有難うございました。

またみんなを案内できるよう、いわきの宝探し、頑張ります!!

あっ、今回の2日間コース、本当に駆け足であれば2日間で回れますが、
出来れば3~4日あると各ポイントゆっくりお楽しみ頂けます(笑)

posted by musubist at 01:58 | TrackBack(0) | INFO