2014年12月28日

福島生まれの仲間たちとの楽しい宴 in 東京

少し前になりますが、東京にて福島出身のみんなと宴をしました。

この宴のはじまりは、2012年より継続中のプロジェクト「桜の森 夜の森」の打ち上げ。
関わってくれた仲間が在京者が多く、東京で行うようになったのですが、
いつものメンバーが欠席することもあり、
じゃあ他の仲間も呼んでみようか〜と声掛け開始。
蓋を開けてみたら、なんと全員が福島出身者!
(今回はいわき市と双葉郡富岡町の面々のみだったので、チーム浜通り)。
勝手に"ふくしま県人会 in 東京"開催となりました。

Fukushima_bounenkai.jpg

年齢も職種もバラバラですが、「ふるさとが同じ」というだけでつながる何かがあり、
初対面メンバーもいましたが誰も臆することなく、ほんとうに楽しい宴となりました。
三軒茶屋のオシャレなイタリアンで、方言や超ローカルネタ(どこ中?的な)が飛び交う、
楽しくて優しい夜。

カメラマン、写真家、デザイナー、NPO、飲食店、、、
それぞれの仕事でみんなが活躍しているのもまた嬉しい。
同郷者の活躍は、積もり積もってその土地の誇りや活性につながるように思います。

どこにいても、みんなそれぞれ、個々の価値観で地元を想っているのは変わりない。
場所は関係ないですね。

年末らしい、宴話でございました。
posted by musubist at 00:00 | TrackBack(0) | INFO
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109207866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック