2013年01月30日

写真家・白井亮さん写真展「半島のじかん」のご紹介

「桜の森 夜の森」プロジェクトの撮影等でお世話になっている、
写真家・白井亮さん(いわき市小名浜出身)が今週末写真展を開催します。
国土交通省主宰の地域振興プロジェクト「半島の時間2013 in TOKYO」
全国にある"半島"に住む人々、営みを白井さんが撮影されました。

温かく優しい、白井さんの写真が展示されています。
お時間ある方はぜひ足を運んでみてください。

半島のじかん2013_チラシ表.jpg 半島のじかん2013_チラシ裏.jpg

「半島のじかん2013 in TOKYO」

海に囲まれた日本列島には、たくさんの半島があります。
三方が海、すぐそばには里と山。豊かな自然に恵まれた半島は、
古くは海上交通の要として経済・文化の先進地でありました。
しかし、陸上交通の発展や工業化の進展により、いつしか半島と
都市の立場は逆転。現在の半島は、美しい景観、風土に育まれた
生活文化が引き継がれようとする一方、都市より一足先に過疎化
や高齢化などの問題に直面しており、都市の近未来の姿を示して
いると言えます。半島と都市は、お互いをもっと知り学び合う、
そんな時期を迎えているのかもしれません。

そこで「半島のじかん2013 in TOKYO」のテーマは、「対話」です。
このワークショップ・イベントを通じて、これからの社会を支える
コミュニティの在り方、つながり方を考えていきたいと思います。
半島に暮らす人はもちろん、海の人も山の人も街の人も、地域づく
りに関わっている人もこれから関わっていきたい人も、ここに来て話しませんか。
この対話から、未来を切り拓く新しい活力が生まれることを願って。
(半島のじかんHPより抜粋)

平成25年2月2日(土)10時〜21時 / 3日(日)10時〜18時
東京秋葉原・3331 Arts Chiyoda


▼半島のじかん HP
http://www.rpi.co.jp/hanto/hantotime2013/
posted by musubist at 21:33 | TrackBack(0) | INFO
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61872209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック