2014年03月31日

自由大学「東北復興学」 2度目のいわきツアーの全貌!!

先日、自由大学「東北復興学」7期&卒業生の皆さんが、
1泊2日でいわきにフィールドワークにお越しくださり、
MUSUBU宮本がルートコーディネート&プチガイドをさせて頂きました。

昨年8月にもお越しくださった自由大学・東北復興学の皆さん。(当時の模様はこちら)
いわき訪問が2度目の方もいらっしゃるということで、
前回とは違うルートでいわき案内をさせて頂きました。
毎度のことながら、現場で色々思いつくことが多く、
ルート変更も多々ありながらも、皆さんにはいわきを楽しんで頂けたのではと思います。。。
(ガイドの私が一番楽しかった説あり!)。

◆Day.1
永崎にある動向要注目のかまぼこや「貴千」さんでは、工場見学ツアーに参加させて頂き、
広報担当・小松理虔さんより色々なお話を聞かせて頂きました。かまぼこの話から始まり"食"の話、
"流通"の話、そして"豊かさとは何か"という話まで、考えるきっかけになるようなお話をして頂きました。
そのあと、三崎公園(潮見台&滑り台)〜お昼はローカルフード代表「チーナン食堂」。
そこから、豊間地区〜薄磯海岸へ。今年2月に復活した塩屋崎灯台へもみんなで登りました。
空が青かった!そしてラストは、前回ボランティア活動をさせて頂いた野外美術館「いわき回廊美術館」へ。来るたびに姿を変えている回廊美術館。丁度、代表の志賀さんがいらっしゃり、
美術館をご案内頂きました。夕暮れ時の山は、たまらないものがありました。

IMG_8279.JPGIMG_8259.JPGIMG_8306.JPGIMG_8318.JPGIMG_8327.JPGIMG_8335.JPGIMG_8352.JPGIMG_8367.JPGIMG_8380.JPGIMG_8398.JPG

夕飯は、湯本にある「味感さとう」さんにて。浪江町で割烹のお店を営んでいたご夫婦が、
震災後に湯本に移転し営業しています。
こちらのお店、本当は秘密にしたいぐらい素敵なお店です。
(ですので、秘密でお願いします)
宿泊は、前回同様いわき湯本温泉の老舗・創業318年の旅館「古滝屋」さん。
宴には、若旦那の里見喜生さんもご参加くださり、温泉話に花が咲きました。

◆Day.2
宿泊組は、朝から古滝屋さんの目の前にある"温泉神社"にお参り。
その後、雑誌等でも話題沸騰の小名浜のゼリー屋「ゼリーのイエ」にてお土産を購入。
そこから移動し小名浜の海鮮レストラン「さすいち」さんにて遅めの朝食。
MUSUBU末永も合流し、末永が代表を務めるフェアトレード企業"ethicafe"の話や、
震災直後の話をちらほら。「さすいち」女将のよしこさん、いつもありがとうございます!
お腹いっぱいになった後は、「いわきら・ら・ミュウ」へ
。2階にあるいわきの震災の記録展へ足を運びました。
そこで自由大学の皆さんとは解散!皆様は北茨城経由で東京へと戻られました。

IMG_8432.JPGIMG_8439.JPG

だいぶ長くなりました。

今回のいわきツアーもかなりもりもりに盛り込んだ内容でお届けしたわけですが、
案内するたびに、改めていわきの魅力に気付かされるという、
私にとってもとても大事な時間になりました。
参加してくださった皆さん、自由大学・水澤さん、協力してくださったいわきの皆様、
そして毎度お話をくださる講師の大内さん、本当にありがとうございました!

今回のルートはどなたでも周れるルートですので、ぜひゆっくり時間を確保して(笑)、
巡ってみて頂ければと思います。

[ポイントのおさらい]
●かまぼこの貴千 http://www.komatsuya3rd.com/
●いわき回廊美術館 http://www.kankou-iwaki.or.jp/news/18201
●いわき湯本温泉・古滝屋 http://www.furutakiya.com/
●海鮮レストラン さすいち https://www.facebook.com/restaurant.sasuichi
●ethicafe http://www.ethicafe.co.jp/
●ゼリーのイエ http://www.zerry-house.com/

posted by musubist at 09:26 | TrackBack(0) | INFO
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92133194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック