2011年07月18日

小名浜地区災害ボランティアセンター第1幕終了

4月18日に地元のNPOザ・ピープルと一緒に立上げた
小名浜地区災害ボランティアセンターは、
3ヶ月間の活動を経て7月18日に第一幕を終えました。

日々サポート下さったいわき市社会福祉協議会の皆さん、
実行部隊として運営に携わって下さった九州ブロックの皆さん、
支援物資や支援金のご協力を下さった皆さん、
そして全国各地からボランティア活動に駆けつけて下さった皆さん、
本当にありがとうございました。

大量のガレキを目の前にして呆然とするしかなかった時に
全国のボランティアさんの手によって、1つひとつガレキが片付けられ、
その積み重ねが小名浜の町を動かし始めました。
次は、私達地元のメンバーがバトンを引き継いで
小名浜の町が元気を取り戻せるまで活動を続けていきたいと思います。

8月からは新しい場所で小名浜ボランティアセンターの活動が始まります。
引き続き、よろしくお願いします!

DSC_0075.jpg DSC_0063.jpg
DSC_0062.jpg DSC_0043.jpg            

DSC_0089.jpg DSC_0090.jpg
DSC_0096.jpg DSC_0092.jpg

2011年07月11日

ボランティアセンター引越します!

「小名浜地区災害ボランティアセンター」の引越しがが決まりました。
それに伴い、ボランティアさんの受付、救援物資の受入れを
7月18日(月)から一時休止とさせていただきます。

新しいセンターの場所、活動内容、受付再開の時期につきましては
後日お知らせいたします。(8月初旬再開予定)


小名浜地区災害ボランティアセンターでは、
4月18日から3ヶ月間、ガレキ撤去や津波の土砂出し等の活動を行ってきました。
のべ数千人のボランティアの方々にご協力頂き、
津波の被害にあった小名浜地区は見違えるようにきれいになりました。

今後は、避難所から入居先で生活を始められる方々への
ソフト的なサポートも行なっていきたいと思います。

小名浜地区災害ボランティアセンターのメンバー全員が
"災害支援"初心者ですが、みなさんのご協力に支えられて運営しています。
引き続きよろしくお願い致します。


小名浜地区災害ボランティアセンターHP

2017年04月28日

ボランティアセンター

地元NPOザ・ピープルとMUSUBUが共同運営をしている
小名浜地区災害ボランティアセンターには
毎日大勢のボランティアさんにお越し頂いてます。

4月18日の設立当時、津波の被害が大きかった海岸線沿いの町は、
ガレキが散乱し、庭も側溝も土砂で埋め尽くされている状態でした。
でも全国から駆けつけて下さったボランティアさんの手によって
ひとつひとつガレキが取り除かれ、見違えるほどキレイになりました。

小名浜ボランティアセンターは超小規模ですが、
リピーター率の高い(!)アットホームなセンターです。
過酷な作業もありますが、ボランティアさん同士が飲みに行ったり、
次の週に仲間を連れて戻ってきたりと、
いわきでの活動をきっかけに色んな輪が生まれているように感じます。

そんな輪が回り始めて、今度はいわきに遊びに来てもらえたらいいな〜と思ってます。
MUSUBUとしてもそんなきっかけを作れればと思い、あれこれ思案中です!

R0012941.JPG

DSC00317.JPG